全て忘れないように行おう

男性作業員

正確なスケジュール作りが重要です

新たに住む物件も決まり、契約を行ったら次に行うのが引越しです。引越しを行う際、業者を決めてから実際に新居で生活を始めるまでには、やることが沢山あります。まずは、業者に運んでもらう荷物と自分で運ぶ荷物、そして処分する不要物の分類です。特に不要物の処分は引越し業者に依頼すると別料金がかかってしまいます。それらは、自分で処理したり、リサイクル業者に買取を依頼して処分したりする方が安上がりなことが多いので、必ず事前にやるべきです。その間にやることが、今住んでいる所に転居届を提出するという事です。その他、公的な手続きは国保や印鑑登録の変更も忘れないように行います。さらに、電気等のインフラ関係や、携帯電話会社等に住所変更届を提出するのも忘れないようにしましょう。そして、引越しの日が近くなってからやることが新居での家具の配置を決めることです。その頃になると、不要物の処理が終わり、最終的に持っていく家具等が決定するため、当日の運搬をスムーズに行うために必要になります。退居する部屋の掃除も同時に行っておきましょう。汚れが取れる所は極力とるようにしておくと、敷金の査定に影響する可能性もあります。車を所有している人は、駐車場の契約も忘れないようにしてください。そして引越し当日にやることは、業者との最終確認です。作業をスムーズに行い、周りの住民に迷惑にならないようにしましょう。これらのやることはスケジュールにして壁に貼り、終わったことを消して行く等して全て忘れずに行いましょう。

Copyright© 2019 自分ですべきことを少なくするためにできること All Rights Reserved.